日本の銘麺

館林うどん

当館林地方は往時より天与の気候風土にめぐまれ、質量共に本邦第一位の麦の産地として知られております。このため、明治34年には当地に館林製粉(現在の日清製粉)が創設され、これに伴い、その良質の粉を加工するめん類製造業が起こり、日清の歩みと共に発展して今や館林地方はめん類でも本邦第一位の高級めんの名産地として全国的に知れわたるようになりました。
当館林うどんは、常に当地名産の代表として、全国各地の物産展や博覧会等、又あかぎ国体では昭和天皇、全国植樹祭では今上天皇のお買い上げも賜るなど、日本の銘麺として全国に広く、ご愛顧賜っております。
 皆様のご利用の程を宜しくお願いいたします。

お知らせ

現在オフィシャルウェブサイトはリニューアル準備中です。
ご迷惑をおかけしますがしばらくお待ちください。